忍者ブログ
ここは「逆襲日報」の別館~ブログのページです。
[37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

sanshiro.jpg地元富士見市は鶴瀬に突如オープンしていた「麺屋三四郎」。

富士見市とはいっても、端も端の、一歩跨げばもう三芳町という境目であり、最寄り駅となる鶴瀬からはちょっと離れているのだが、その前にこの建物、地元で知っている人は知っているだろうけど、昔からテナントが入っては潰れ、また入っては潰れるという曰く付きの建物ではあるんだが、そんな土地にオープンして大丈夫か?といらん心配をしてしまう。

まあそれは右に置いておいて、この三四郎さん、新参店ではなくて、なんと札幌から移転して来たものとか。
ネットで調べると、ラーメン通の方々の間では札幌で美味いと評判の名が通った店だったようだけど、それが何故移転する事になったのか?それ以前に大きな疑問が浮上。何故北海道は札幌にあった店が、遠路遙々埼玉の、しかも(住んでいる自分が言うのも何だが)県内市ではマイナーな方に属するあろう富士見に移転して来たのだろうか?・・・うーん、謎だ。

魚介豚骨ベースで、塩も醤油、味噌(つけ麺)もあるのだが、塩好きの自分は・・・

sanshiro.sio.jpgSio豚骨ラーメン 730円

塩ではなく、Sioという無意味さが何とも言えないズッコケ感を誘う。
濃厚ながらそんなに脂っぽくはないとは思うけど、アッサリ好きな自分にはそれでもやや脂っぽさは感じるかな。
ホタテが効いたスープ。このホタテがガツンとくる味は、塩で全国区的に有名な新座「ぜんや」にそっくりで、今ではそんなに珍しくはないパンチではある。可もなく不可もなくといった感じだったが・・・

ちなみにここには写っていないが、一緒に行った友人は限定の「豚トロ醤油」を注文したんだが、醤油だとカツオブシがガツンと効いた味になっている(お互いスープを味見し合った(笑))。
友人は逆に自分が注文した塩豚骨の方が良かったかな、と言っていたが、ここでふと思った。塩豚骨にホタテではなく、このカツオブシをガツンと加えると・・・スガキヤになるんだよな(笑)。それ作ってくれないかな、三四郎さんよ。

それはともかく、隣のみずほ台地区が近年次々ラーメンの名店やヒット店が生まれているのと違って、名店と呼ばれるラーメン屋が皆無な鶴瀬地区は、昔からラーメン不毛の地と言われているだけに、この三四郎が鶴瀬初の名店となることを願おう。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ようこそ!!

ツイッター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[11/14 うえ]
[11/10 カミカゼレッズ]
[11/09 カミカゼレッズ]
[11/05 うえ]
[11/03 きらきらレッズ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
うえ
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード
携帯からも閲覧出来ますよ。
忍者ブログ [PR]